フォーサイトシステム(株)

VOICE

KAZUKI HIRAHARA

VOICE 01

KAZUKI HIRAHARA

平原 一樹

製品ソフトウェア開発事業部 第一ソフトウェア開発部

2013年入社 麻生情報ビジネス専門学校 情報システム科卒業

ソフトウェアも、仕事も、人生も 自分で「設計」し、自分で「開発」する。

日々のスケジュールは自己管理が原則。 限られた時間で、どれだけ質の高い仕事に挑戦するかは個人の裁量に任されています。 プロとしてのプライドと素養を磨くのも、自分次第です。

WORKS

こんな仕事をしています
手がけているのはATMのソフトウェアです。お客様から頂いたご要望をもとに、テレビ会議で打ち合わせを重ね、提案・設計・開発を進めます。開発はモノ作りの仕事。お客さまの希望をもとにより使い勝手の良い仕様を提案し、ニーズに的確に応えるシステム開発に取り組んでいます。開発技術者はシステムの水先案内人でもあります。信頼につながる実力を今後も着実に積み重ねていきたいですね。

SCHEDULE of 1DAY

1日の仕事の流れ
08:45
自宅からはバスで小一時間。自席に着いたらまずはTo doリストを確認しながら準備をする。
09:15
事業部の朝会の後、開発チームでミーティング。各メンバーの進捗状況を確認し合い、それぞれ今日の仕事に取りかかる。疑問点や作業に行きづまったら、すぐに先輩や上司に相談し解決する。
12:00
ランチは毎日、自分で作った弁当で。「弁当男子」は学生時代から続く、5年のキャリア。
13:00
引き続き、開発作業・動作確認作業・ノウハウ共有などの作業を進める。
18:45
キリの良いところで、今日の仕事は予定通り終了。今日はまっすぐ帰宅して、見たかったDVDをゆっくり楽しもう。

ADVANTAGES of COMPANY

会社のココが気に入っています
オンオフがはっきりしていて、メリハリのある社風です。就業中は仕事に集中し、休憩時間になるとなごやか空気が流れる。そんな雰囲気が気に入っています。先輩や上司との距離感が近く、何でも気軽に相談できます。入社後2カ月の新人研修期間には、花見やソフトボール大会などイベントがあり、ざっくばらんな雰囲気でとてもなじみやすかったですね。年数回の長期休暇には、よく友人と鉄道の旅に出かけます。九州は温泉や景観の良い場所が多く、ふらっと旅に出ては心身ともにリフレッシュしています。

MESSAGE to YOU

あなたに伝えたいこと
自分を大きく見せようとして頑張りすぎても、決してうまくいきません。自分の能力や得手不得手を客観的に見つめて自己分析し、ありのまま正直に就職活動を進めた方が、等身大の自分への正しい評価がもらえます。成長するために何が必要か考え、自分を磨き続けるのが人生だと思っています。「身の丈に合った」という考え方は、決して小さくまとまるという意味ではなく、「分」をわきまえ着実に歩み続けながら「器」を大きくしていくという、確かな人生を築くための道筋です。成長を見守り、支えてくれる会社であるかどうかを、自分の目でしっかり見極めて下さい。
ENTRY